✨エリーゼ✨の断捨離ブログ

断捨離と片付けが大好きなミニマリスト

家族に【断捨離】をしてもらう6つの方法

こんにちは✨

 

今回は家族にも【断捨離】をしてもらう6つの方法

ということで書いていきたいと思います。

 

 

まず始めに伝えておきたい注意点

 

家族に“手放したくない物” に対しての思い入れ

を聞きましょう 〜なぜそれを捨てたくないのか⁉️

 

断捨離をするのは、あなたではなく家族です。

 

断捨離をしていく中で、

もし家族に『それは絶対手放したくない!』

と言われるものが出てきたら、その理由をきちんと聞いてみてください。

 

あなたにとっては、不要だと思うものでも

家族にとっては特別な思い入れのあるものかもしれません。

 

 

無理やり手放してもらおうとすると、

家族の断捨離に対しての印象も悪くなってしまいます。

 

必要だと思うものをしっかりと厳選した上で、

『これは手放さない』と判断したならそれでいいと思います。

 

あなたも家族のみんなも、“これからの生活をより良くしていきたい!”

という気持ちで断捨離始めると思うので、

是非楽しみながらやっていきましょう♪

 

 

では、6つの方法をお伝えしていきます。

 

①断捨離の良さを伝える

 

まずは、あなたが

 

・断捨離をしたい理由

・断捨離をすることで、どんなメリットが得られるか

 

などを伝えることが大切だと思います。

 

断捨離に対して興味を持ってもらうことが第一歩です。

 

あなたが断捨離をして心の底から良かった”と思い

『部屋が綺麗になったら心もスッキリした〜!』とか

『買い物が減ったからお金が貯まりやすくなったよ♪』

と言ったらご家族の方も

『そんなにいいなら、試しにやってみようかな…』と思うかもしれません🤗

 

ご家族の方が、断捨離をやらされているのではなく、

自分から『やりたい!』と思うことが大事です。

 

②断捨離出来そうなものを提案する

 

あなたから見て、ご家族の方の断捨離出来そうなものがあれば

『これは手放してもいいんじゃない⁈』と提案してみて

断捨離する機会を作ってみてください。

 

まだ断捨離をしていないご家族は

1つ1つの物に向き合う作業をしていません。

 

あなたが、『それは本当に必要な物』と問いかけることによって

その物向き合い、少しずつでも断捨離の感覚をつかんでもらいたいですね。

 

初めは洋服からがオススメです✨

間違っても思い出の物からやらないでくださいね!

 

③1つでも断捨離したら褒める(その時の自分の気持ちも伝える)

 

 褒められてイヤな思いをする人はいないと思います。

 

ご家族の方が1つでも断捨離をしたら

『すごいっ!それ手放したんだね😳』と褒めてあげましょう。

 

そして、『一緒に断捨離してくれて嬉しいな〜♪』と自分の感想も

ちゃんと伝えて下さいね。

 

あなたがあまりにも喜んでいたら、

調子に乗ってさらに手放す物が増えるかもしれません。笑

 

 

④ゲーム感覚で断捨離をしてもらう

 

手放すかどうか迷っているような物なら、

勝ったら手放してもらうことを条件に

ゲームをしてみるのも楽しいかもしれませんね😏

 

ポイントは『勝ったら手放してね♪』と可愛くお願いすることです。笑

 

⑤売るのを手伝う

もし、

『これは、高く売れそう』とか

『これは売るなら手放してもいいんだけどなぁ〜。』

というものがあったら、売るのを手伝ってあげましょう。

 

捨てるのはすぐに出来ますが、

売るのは手間がかかるので、

「いつかやらないとなぁ〜」と思いながら

やらずにずっと置いてあるものってありますよね⁈

 

もうほとんど断捨離をして、

物が少なくなっている状態ならいいですが、断捨離の途中だと

他にもやる事があるので、どうしても後回しになってしまいます。

 

あなたが手伝ってあげれば、家族も喜んで手放してくれるかもしれませんね。

 

⑥引っ越しをする(最終手段!)

はい。

本当に最終手段です。笑

 

引っ越しとなれば、嫌でも断捨離をする機会が出来ます😏

物が多ければ多いほど梱包作業は大変ですし、

引っ越し費用もかかりますのでどんどん断捨離してもらいましょう!

 

引っ越しを機にご家族の方も断捨離に目覚めたらラッキーですね👍

 

以上が、

家族に断捨離してもらう6つの方法になります。

 

断捨離は1人でやるより、ご家族と一緒に断捨離が出来た方が良いですよね♪

 

あなたも『これなら出来そう』と

思えるものがあったら、是非試してみてください😊

 

長くなりましたが、今回も最後まで読んで下さりありがとうございました。